「自分が口にしたくないものはつくらない、出荷しない」の理念

雪国まいたけでは「自分が口にしたくないものはつくらない、出荷しない」の理念の下、原料管理、生産管理に努めています。
またそれらの管理状況を迅速に確認するため、自社内での農薬、重金属、放射性物質、衛生検査を行っています。
これらの食品安全検査の結果は雪国まいたけ安全システムで一般公開しています。
加えて、昨今の食品安全に関する事件、事故を受け、従来のフードセーフティ(食品安全)に加え、フードディフェンス(食品防衛)の考えを取り入れ、施設への入場管理や監視の強化、生産現場における管理強化など、セキュリティ面の強化を行い、リスク低減に向け取り組んでいます。

「自分が口にしたくないものはつくらない、出荷しない」の理念

雪国まいたけでは「自分が口にしたくないものはつくらない、出荷しない」の理念の下、原料管理、生産管理に努めています。
またそれらの管理状況を迅速に確認するため、自社内での農薬、重金属、放射性物質、衛生管理を行っています。
これらの食品安全検査の結果は雪国まいたけ安全システムで一般公開しています。
加えて、昨今の食品安全に関する事件、事故を受け、従来のフードセーフティ(食品安全)に加え、フードディフェンス(食品防衛)の考えを取り入れ、施設への入場管理や監視の強化、生産現場における管理強化など、セキュリティ面の強化を行い、リスク低減に向け取り組んでいます。